自らの死後に発生する様々な事務処理を委任する契約

自分が死亡した後のジム処理を以来したいという場合には、あらかじめ必要な手続きを委任する契約をしておいたり、遺言書で遺言執行者を決めておくのがおすすめです。特に、公証役場で公正証書遺言を作成した場合には、相続人の検認の必要もなく財産の分配が行われますので、遺言執行者も手続きをスムーズに進めることができるというメリットがあります。
遺言執行者は、相続人と協力して預貯金の解約などを行い、遺言書の内容に従って相続人に分配します。このときの預貯金の解約や保険金の受領、不動産の所有権移転などの手続きを行うのが遺言執行者となりますので、一般的には弁護士や司法書士といった法律の専門家が受けています。もちろん、遺言書を作成する前に相手の承諾が必要になりますし、報酬も支払う必要があります。遺言執行者は、その手続きをスムーズに進めるために、税理士や司法書士などのほかの専門家に手続きを委任することもできますので、必ずしも自分ひとりで専門外の手続きをする必要はありません。このようにしておくと、相続人間で分配についてもめることもありませんし、分割自体もスムーズに進めることができるため、遺言書作成者は年々増えています。

コメントは受け付けていません。