特別方式の遺言「難船臨終遺言」

遺言は、書き方が厳格に決まっています。これを遺言の要式行為性といい、法律に従った遺言でないと無効になる恐れがあり、人生最後の意思を残すことが出来ない可能性があります。
基本的な遺言のスタイルには、①遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押す自筆証書遺言、②証人が立ち会いのもと公証人に遺言の内容を述べ、公証人がそれに従い書面を作成する公正証書遺言、③遺言者自身が遺言を作成して封をして、証人が立ち会いのもと、それを公証人に渡すと、公証人はこの封書の中の遺言は本人が書いたものであることを証明してくれる秘密証書遺言の3種類があります。
しかし、人間いつ死ぬかは誰にもわかりません。旅行先で伝染病にかかり亡くなる方もいます。楽しいハネムーン中に事故で亡くなる方もいます。
そのために、上記3種類以外に、法律は特別の方式による遺言を認めています。特別の方式による遺言には、①一般臨終時遺言②難船臨終遺言③一般隔絶地遺言④船舶隔絶地遺言があります。
②は、船が遭難した場合に、死期が差し迫った状況にある人が行う遺言方法で、船舶内で、証人二人以上の立会いによって、遺言書を作らず、口頭だけで遺言をすることができます。この場合、口のきけない者は、通訳人の通訳を通して遺言をすることになります。
船が遭難した場合に、口頭で遺言を聞いた証人は、聞いた遺言の趣旨を筆記して、これに証人が署名と印を押します。これを家庭裁判所に提出して、裁判所がこの遺言は遺言者の真意に出たものであるとの心証を確認できると、遺言の効力が生じます。

コメントは受け付けていません。